波動ヒーリングマット

低体温、不眠、疲労を寝ながら改善する波動ヒーリングマット。上質の睡眠は脳と体を元気にします。

トップN式オルゴン・エネルギー製品>波動ヒーリングマット

波動ヒーリングマットで上質な睡眠

★病気は冷えから★

 波動ヒーリングマットは、『温めることによって心と体不調の改善』をテーマに開発されました。

 現代人は体温が低いと言われています。これは子供にも顕著で、50年前と比較すると平均体温が1度下がっていることが女子医大の医師の発表で明らかになりました。体温が低いと免疫力が低下して様々な病気に罹りやすくなります。

 体を冷やすことの有害性、体が温まれば体内の免疫力が増強し、病気の治癒が促進されると説いている方が、石原結實先生です。



 病気は冷たいところに起こる! プチ断食、温めメニュー、簡単その場運動など、普段の食事や生活で体を温める方法や、症状別・病気別にどんな温め方が効果的かを紹介する。早い人は1週間で効果が表れる内臓強化法。

【「薬はイラナイ! 体を温め、病気を治す】
石原結實 著 三笠出版

★心の病も冷えから!?★

 冷えは体の病気だけではなく、”心 ”にも関係しているようです。
世界的に自殺が多いのはハンガリー、フィンランド、スウェーデンなど寒い国です。
日本では、岩手、秋田、新潟県など寒い地域で多くなります。自殺者は、うつ病の人に多く、自殺自体も寒い時期に多いようです。
 アメリカの精神科医が精神病患者を10年間追跡した結果、体温が低い人に自殺者が多かったという研究報告もあります。

 波動ヒーリングマットをご使用になられた方から、「熟睡できる」という多くの報告をいただいています。また、体温が高くなったいう方もいらっしゃいます。体温を0.1度上げることもできない現代医学の見地からすれば、実に驚嘆すべきことなのです。

  一日の疲れを癒す睡眠はとても重要です。波動ヒーリングマットで、脳と体の疲れをリフレッシュしてください。



波動ヒーリングマットの構造 波動ヒーリングマットの構造
波動ヒーリングマットの構造

 最下層部のバンブーマットは、天然の竹本来のパワーをファイバーマットに織り込み、安眠を得られる適度なソフトさに加工してあります。
 中層部のゲル炭シートは、高純度パウダーにしたゲルマニウムと、紀州備長炭(遠赤外線作用、消臭効果)を混合したものをプリントしたものです。
ゲルマニウムにはマイナスイオン発生、ストレス解消、生体電流のバランス作用、疲れの軽減を促す作用があります。
 上層部はハニカム構造のマットを使用しています。これにより、それぞれの波動パワーをを余すことなく放出させます。
また、立体ハニカム構造は吸湿放湿の特性を持っています。

 天然素材と最先端技術が融合された波動ヒーリングマットは、特別仕様のN式オルゴンボックスに一定期間入れて気波動を転写しています。
上質の波動を放出し、かつ熱くない温かさがあり、この上ない眠りへと促してくれます。




波動ヒーリングマット

 
波動ヒーリングマット
クリックすると拡大画像が開きます

●サイズ:80cm×180cm×2cm
●材質:
《側地》
表地(ナイロン72%・ポリエステル28%)
裏地(綿35%・ポリエステル65%)

《構造》
上層:・ハニカムメッシュシート(スーパーラッセル)
中層A・不織布
中層C・バンブー
下層・ブロード綿
●重量:1.3kg
●生産国:日本

\ 38,850(税込)

25,000円(税込)
在庫:
数量:
※ 本品は波動健康マットであり、医療機器ではありません。
 



関連商品

波動ゲル炭シート

 

 

波動ゲル炭シート
高純度ゲルマニウム+紀州備長炭のWパワー



使用方法

 ハニカムメッシュ(白い網状)の面を上にして、敷布団とシーツの間に入れてお休みください。
※ 定期的に陰干ししてください。
(洗濯時はカバーと中の本体それぞに添付の、タグをご参照ください。)




波動ヒーリングマットの体験談

波動ヒーリングマットの体験談